はじめてのガルランド(ガルランドとは言ってない)

 

本記事では、6/9(土)に開催された真皇杯関西予選①で私が使用した構築を簡単に紹介する。

 

 

◎PT完成までの経緯

自分のポケモンの知識を広げるため、使うのが苦手なポケモンのガルーラから組み始めた。対面系の構築は右も左も分からないので、まずは並びを真似るところから始めることにした。

最近の構築記事を読み、取り巻きに多くいたゲコランドガルドミミガモスを自分なりに解釈し投入、試運転で多く当たったレヒレ、ブルル、リザY入りに苦戦した反省からガルドとランドを外しツルギガブを並べた。

 

 

◎個体紹介

f:id:pokemon-bana-idiot:20180609205345p:image

 

 

 

f:id:pokemon-bana-idiot:20180609230012j:plain

ガルーラ(選出:7/8)

持ち物:ガルーラナイト    特性:肝っ玉→親子愛

実数値

メガ前:207-118-145-×-101-113

メガ後:207-148-167-×-121-123

努力値:212-20-252-×-4-20

技構成

グロウパンチ、冷凍パンチ、地震、捨て身タックル

 

この記事を読み、面白いと思いそのまま採用した。

http://goomycarona637.hatenablog.com/entry/2018/03/05/132714

http://sp.ch.nicovideo.jp/kamitsurugi/blomaga/ar1410283

※いずれも無断転載につき問題や指摘があった場合は直ちに記事元のリンクを削除いたします。構築相談にまで乗ってくださったのにその案を諦め、ブログを勝手に参考にしたGoomyさん本当にゴメンナサイ。

 

私自身が受け回し系のサイクルを長く使っていたためか、よくいるH振りガルーラのでは回復ソースもなく耐久が心許ないと感じてしまった。広く抜群が取れて負荷をかけられる。

 

 

 

 

f:id:pokemon-bana-idiot:20180609230226j:plain

カミツルギ(選出:1/8)

持ち物:草Z    特性:ビーストブースト

実数値:134-223-152-×-67-170

努力値:0-172-4-×-128-204

技構成

リーフブレード、スマートホーン、聖なる剣、剣の舞

 

前日までスマートホーン→追い風でPTのサポート役も兼任していたが何となく変更。HPの努力値は振り間違えでDに振っていた。今日の出番はウルガモスに焼かれただけである。

 

 

 

f:id:pokemon-bana-idiot:20180609230104j:plain

ガブリアス(選出:4/8)

持ち物: ラムの実   特性:鮫肌

実数値:189-168-124-×-106-169

努力値:44-140-68-×-4-252

技構成

地震、炎の牙、岩石封じ、吠える

 

当日までスカーフランドロス、HBランドロスと悩んだ末の採用、個体は地面Z型の流用。炎の牙はステルスロックの予定だったが、変え忘れた時点でPTシートに記入し提出済で、思い至った時には書き換えの時間もなく諦めた。

スカーフやヤチェ、ロゼルで良いのに、何を思ったかラムで採用。朝は寝ぼけていて剣舞逆鱗型だと思い込んでいて、カバマンダに出そうと考えていた。今日は雑に削りを入れる役目か、虚しく吠えているかだけだった。

 

 

 

 

f:id:pokemon-bana-idiot:20180609225809j:plain

 

ミミッキュ(選出:5/8)

持ち物:ミミッキュZ    特性:化けの皮

実数値:159-140-118-×-125-116

努力値:228-140-140-×-0-0

技構成

剣の舞、影打ち、戯れ付く、呪い

 

普通のABミミッキュ。普段のサイクルパではあまり使わないのだが、雑にストッパーになれるのが本当に強いと改めて実感した。

 

 

 

f:id:pokemon-bana-idiot:20180609225819p:plain

ウルガモス(選出:2/8)

持ち物:マゴのみ    特性:炎の体

実数値:177-×-85-155-172-136

努力値:132-×-0-0-252-124

技構成

蝶の舞、炎の舞、ギガドレイン、身代わり

 

遅い特殊ポケモンをまとめて起点にするポテンシャルのあるポケモン

ステロの入った状態でも(催眠を除く)アタッカーメガゲンに勝てる。

ポリ2や受けサイクルには無類の強さを発揮するが、このPTにおいては身代わりよりめざ氷の方が欲しかったので要検討である。

 

 

 

f:id:pokemon-bana-idiot:20180609225822j:plain

ゲッコウガ(5/8)

持ち物:気合の襷    特性:激流

実数値:147-×-88-155-91-191

努力値:0-×-4-252-0-252

技構成

熱湯、悪の波動、水手裏剣、挑発

 

最近の流行りらしいので採用。挑発が本当に偉い。不利対面でもタスキを盾に削りを入れ挑発で後続の起点にできるのがPTにもマッチした。

PT単位で重いレヒレに何も出来ないので、悪の波動をゴミ箱に変えてもいいと感じた。

熱湯で追加効果に期待するか、波乗りで火力を補うか、控えめにして火力を補うかは自分にはわからない。

 

 

◎戦績

予選5-2(1位抜け)、決勝1不戦勝1敗のベスト16であった。

使い慣れていないため、酷いプレイングミスを多々していたが相手のミスリードや追加効果に助けられた。ゲッコウガの上からシャドクロしてきたあのミミッキュのことを私は決して忘れない。

決勝トナメでの対戦は、相手の型読みのミスリードが多分にあったものの、あっさり択に敗れて敗戦。PTの未熟なため選出が窮屈になりやすく、改善点がまだまだあると感じた。

 

 

◎最後に

対戦してくださった皆様、真皇杯関西予選の運営の皆様、平素からポケモンの相談に乗ってくださる皆様、本当にありがとうございました。