読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンORAS 単体考察 ~控えめチョッキジャローダ~

 

どうも、Banaです。ORAS最終シーズンということでレートもいつも以上に活気に満ちていましたね。

私も最終シーズンを楽しく上を目指して500戦ほど潜りました!

 

今回は私がS17シングルレートで使用したPTを紹介したいと思います。

……と思っていたのですが、書くのに飽きて PTに欠陥が多くて断念したので、トレーナーズカードだけ置いておきます。

 

17にすら乗せられなかったのは完全に私の実力不足です。

まあ、ポケモンの並びを見ていただければわかるかとおもいますが、マンマン構築やカバルカカイリュー、ガルーラスタン、受け寄りのサイクルなど、主要な敵の構築には軒並み弱かったです。(いくらでもポケモンの代替案はあったけど新しい個体を育てるのが面倒だった)

 

ですが、そんなPTの中でも、無限の可能性を秘めたポケモン、かつ地雷枠として大いに輝きうるポケモンの調整を発見しました!

それが、 控えめチョッキジャローダ です。

役割などが一般的な臆病の食べ残し、ゴツメ、襷etc.とは大きく異なるだけでなく、非常に幅広く役割が持てるポケモンです。

一例として、私がS17で使用したジャローダを紹介します。

 

 

【性格】 控えめ

努力値】H132 B4 C216 D8 S148

【実数値】167-×-116-134-116-152(B=Dになってるのは調整ミス)

【技構成】リーフストーム ミラーコート ギガドレイン 目覚めるパワー地面

 

【調整】

≪Sライン≫

最速ロトム抜き(これより上は全く必要に感じなかった)

これによって、多くのポケモンのSやスカーフかの判定にも役立ったり役割幅広くもてたりできたのでベストだと思っている。

 

≪火力≫

 

リーフストーム

H157D127水ロトム(H252振り)……乱数1発(93.8%)

H207D135スイクン(H252振り)…確定2発(ダメージ146~174)

H215D93カバルドン(H252D4振り)…乱数1発(93.8%)

H227D151クレセリア(H252D4振り)…低乱数2発(ダメージ66-78 ランク+2ダメージ130-154)

H201D151ニンフィア(H244D4振り)…高乱数2発(ダメージは上のクレセリアと同じ)

H191D115ポリゴン2(H244振り)…低乱数2発(ダメージ58-69    ランク+2ダメージ115-136)

 H191D161ポリゴン2(H244D252補正有)…+4ダメージ123-145


めざめるパワー地面

H193D128ヒードラン(H212D12振り)……高乱数2発(98.4%)→リフスト+めざ地で確定1発

 

【被ダメージ】

C190(特化)メガフシギバナのヘドロ爆弾…ダメージ114-134

C221(C252振り)メガゲンガーのヘドロ爆弾…ダメージ132-156

C154(C252振り)珠ゲッコウガの冷凍ビーム…ダメージ120-143

C188(特化)メガボーマンダハイパーボイス…ダメージ144-170(12.5%の乱数1発)

C199(特化)眼鏡ラティオスの流星群…ダメージ126-148

C172(特化)ポリゴン2の+1冷凍ビーム…ダメージ102-120

C127(C12振り)ポリゴン2の冷凍ビーム…ダメージ50-60(乱数3発)

 

【使い方】

クレセリアスイクンといった耐久ポケモンに対してリーフストームを積んでいく、ジャローダを見て相手が受けだしてくるヒードランフシギバナ、ゲンガーなどに対してミラーコートで返り討ちにする、といった使い方をします。


ギガドレインは、リフストを打ってCランクが上昇した状態で使うことで、回復して場持ちをよくする、相手の技の確定数をずらす、回復して受けとして使い回すといった役割です。

(竜の波動にしてサザンドラとかヌメルゴンに負担をかけたほうが強い)


特殊アタッカ―との対面性能は極めて高く、クレセドランの並びにはめっぽう強く、その他ポリゴン2ヒートロトムといった敵にも強く出ることができます。

 

 

火力や耐久についてはまだまだ考察の余地があるかもしれませんので、もっといい調整があったら私に教えてください()

 

最後に、こんなつたない記事読んでいただきありがとうございましたm(__)m